02_01在大連2ヶ月目」カテゴリーアーカイブ

HSK -中国漢語水平考試-

おだやかな日曜、HSKというTOEFLの中国語版のような位置づけ試験を受けました。受験会場にいたのは韓国人と欧米人と日本人、そして中国人の小学生。そんな中で日本人はだいぶ有利なのです。というのも漢字がほぼ同じなので、読解問題は意外といけます。こんなこと書いて成績悪かったら最悪なんですがね。。
さて、試験会場はというと大連外国語学院というところ。
試験なんて何年振りでしょうか。


試験の教室はこんなところ。

カンニング防止でしっかり仕切られています。欧米人が漢字の書き取りをカンニングしてくる、とは聞いていましたが本当にカンニングしてきました。欧米人にとって漢字は相当難しいんでしょうねえ。。
普通の試験が終わった後、次回試験の模擬試験をしました。どうやら問題傾向を変えるらしいんですが、実際に問題を解いてアンケートに答えるというもの。聴く力のテストがあまりに難しかったので、アンケートにそう書いておきました。実際の受験者の声を取り入れて問題を作るというのはとても良いですね。
初HSK、とりあえずは成績悪そうなんですが、全体の流れは掴めたといったところですねえ。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

落ち着く場所

HSK試験を目前に控え、全然勉強に身が入っていないです。。
家にいるとどうも勉強に集中できないんですよね。多分程よく人の目に触れる場所じゃないと自分に甘くなるんだと思います。ネットしちゃったり、ボサーっとしちゃったり。

以前待ち合わせでたまたま入ったんですが、民主広場近くの眞鍋珈琲館がかなり快適。こっちの喫茶店って普通にしっかりご飯も食べられるんですね。で、ガラス張りの個室だし、無線LANもしっかり入ってるし、かなり合格な感じ。
HSKに関しては正直きついかも。。生活に困らない程度に話せるんですが、聴く力と単語数がやっぱり不足してるんですよねえ。。残り一週間で詰め込まないと。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

大連の北朝鮮料理屋さん

前の会社の人が大連に来て、久々の再会。
とは言っても一体どこを案内すればいいのか、、というのが大連の難点。
生活するにはとても快適なんですが観光スポットと呼べるものがそんなにありませんし、中国独特の街並みや古い建物がある訳でもありません。
そこで、ありきたりの場所ではつまらないので北朝鮮料理屋に行くことにしました。今回行ったのが大連平壌高麗館というところ。瀋陽のときみたいに入り口に人が立っている訳でもなくひっそりとしたお店でちょっと不安に。。
いろいろ注文してみました。

骨付き鹿肉。シンプルな味付け。肉がかなり赤かったんですが、レアなのか焼いてもそういう色なのか。。美味しかったです。
そして犬肉スープ。
せっかくなので日本では食べられないものを、ということで。

トロトロに煮込んであったので、クセもなく美味しくいただきました。
で、個室で食べたんですが個室ごとに演奏の人たちが来てくれました。

なんですが、、何故か日本の歌まで。。やっぱり大連だけあって日本人が結構足を運んでいるからでしょうか。メニューにも何故か寿司とかありましたし。
瀋陽の時と比べると正直かなり微妙。大連には他にもあるようなので今後も開拓していかないと。
店名: 大連平壌高麗館
電話: (0411)8277-0798
住所: 大連市中山区華楽街34号

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

日本語は難しい。。

今日、仕事の後、互相(hu xiang)というお互いの言葉を勉強しあうという事をしました。人に自分の国の言葉を教えるのがここまで難しいとは思いませんでした。
「午前中」という表現はあるのになぜ「午後中」はないのですか?
こんな質問が来る訳です。日本語って難しいですよね、ほんとに。今日は唐突に互相しよう!みたいな感じだったので今度はしっかり下準備しておこうと思います。あと風邪も早く治さなきゃ。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest