02_01在大連3ヶ月目」カテゴリーアーカイブ

HSKの結果

やっとこの前のHSK試験の結果がでました!

  • 听力(ヒアリング):24点
  • 語法(文法):34点
  • 閲読(読解):76点
  • 総合:51点
  • 合計:191点
  • という訳で、3級ゲット!でもたいていの日本人は3級取れるみたい。何しろ漢字がほぼ同じですからねえ。それにしてもヒアリング、ひどい。。HSKは全部バランス良く取れないと級がもらえません。例えば、読解が満点でもヒアリングが24点だと3級のままな訳です。

    Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

    美容室デビュー

    大連で一番懸念していたのがやはり、美容室。
    同居人共々髪の毛には限界が来ていました。社内の人に聞くと600元かけて切る人もいれば50元の人もいたり。基本的に安い値段のところに行く人は中国語が堪能で細部まで指示できるような人か、あまり髪型に無頓着な方。
    ネットで検索したり、実際に電話してさぐったりした結果、Belle Belleというところにしました。日本人デザイナーだと390元。中国人デザイナーだと90元。ものすごい格差社会ですね、中国の美容業界。。

    一人につき、デザイナーと通訳の二人が担当になり、何かあればすぐに通訳の人が対応してくれるという感じ。日本にいる時は意外と自分からこうしたいと伝えるよりは、美容師からこういうのがいいよ、と提案してもらっていたので髪型を伝えるのにひと苦労。
    さて切ってもらっている間ですが、クシが当たったりドライヤーがぶつかったり、、メガネを外してほぼ何も見えない間何だかちょっと不安。。そして出来上がりを見てびっくり。。
    美的感覚ってやっぱり国によって違うので少なからずの覚悟はしていました。が、とても良い感じだったんですね。同居人共々仕上がりに驚きました。これで90元だったら、日本人デザイナーだと一体どれくらいの仕上がりになるんでしょうかねえ。

    Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

    偽物が本物を越える

    携帯電話は大連に着いてすぐに買ったNOKIAを使っていました。ところが液晶は見づらいし、使い勝手は悪いし、機能的でもないし。。まあ一年だけだしこのまま使うか、と思っていたんですが先日行った勝利広場でなかなかいい携帯を見つけて衝動買いしてしまいました。
    それが、これ。

    Lenovoならぬ、Lovme。
    起動画面も素敵なんです。
    Windowsが崩壊してまたWindows?

    そして、愛我。私を愛して、という感じ。

    いかにも偽物だなあなんて思いがちですが、特筆すべきはその機能。MP3の音楽データはもちろん、MPEG映像なんかもなかなかいい画質で再生できます。さらにはNESのゲームデータなんかも入ってて、スーパーマリオとかマッピーとか懐かしいファミコンゲームが20タイトルぐらい入ってます。
    そして中国語初心者に優しい、漢字の手書き入力。
    NOKIAの時は漢字の読みが分からず苦労したものです。

    そしてSIMカードが2つ入ります。

    携帯を起動するとどっちのSIMを使う?と聞かれます。日本でいうところのDocomoのFOMAカードとVodafoneのSIMカードが共存できるイメージでしょうか。
    さらに壊れたらいつでもお店に持っておいで!的な保障も付いているし、音楽データやゲームデータも店員に言えばいくらでも貰えます。これだけできてナント1,000元。
    要は中国では偽物だろうと中国のものを使った方が何かと良いということです。偽物だからと言って敬遠するのではなく、あえて使ってみる。郷に入ったら郷に従ってみる。
    携帯に限った事ではありません。日本の尺度でしか中国を計れない日本人が大連には沢山います。そんなに日本が好きだったら日本に帰ればいいのに。。物価が安いからいるだけなんでしょうかねえ。

    Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest