01_中国旅行/丹東」カテゴリーアーカイブ

北朝鮮との国境 丹東 -2-

さてさて、丹東のメインディッシュである鴨緑江へ。
この河には中国と北朝鮮を結ぶ中朝友誼橋が架かっています。橋自体はいたって普通なのですが、目の前が北朝鮮だと思うと胸騒ぎが止まりません。そして意外と普通に車が行き来していて、どんな目的で国境を渡っているのか妄想が膨らみます。

鴨緑江のクルーズに乗りました。20元のところを10元で、ということで乗ったはものの出発直前に一人2元!なんて言ってたくさん人を乗せてました。やられたなあ。。で、北朝鮮の風景を望遠で撮影。北朝鮮人もまばらに。ハングル文字で一体何と書いてあるのでしょうか。。

この後、市内の焼肉屋で夕食。全く特筆すべきこともない普通の焼肉屋。で、ホテルは一人一泊200元程度のところ。大連よりもさらに物価が安いです。一日目はこんな感じでした。
朝、ホテルの展望台でバイキングの朝食。
北朝鮮大陸を眺望しながらの朝食はいいですよ~。

朝食後、錦江山公園へ。

この公園、始めは普通の公園ですが、奥に行くと遊園地があったり、京劇のステージがあったり、野外ボーリング場があったり、いたれりつくせりな公園。月の輪熊もいますよ。

で、帰りのバスでは丹東でしか飲めない鴨緑江ビールを飲みながら大連へ戻りました。コクがなくてキレのあるシンプルな味わい。

あとは、何となく買ってしまった北朝鮮紙幣。
ストイックなデザインが良いです。

泊まったホテル
ホテル名: 丹東国際酒店
電話: 2817788
住所: 丹東市元宝区新安街88号

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

北朝鮮との国境 丹東 -1-

北朝鮮との国境の丹東に週末を利用して小旅行。
大連からバスで5時間くらいで辿り着きます。中国最大の国境都市なだけあって、普通に栄えた街という感じ。駅前には毛沢東の像がありました。
いろいろな場所にあるようですが、初めて見ました。

北朝鮮の国境なので、もちろん北朝鮮料理屋さんもたくさんあります。さっそく平壌高麗飯店というところでランチ。平壌冷麺。普通の冷麺とどう違うの?というと実際難しいんですが、麺がもっと細くて穀物のような独特の風味があるという感じでしょうか。

そして街をぶらぶら。朝鮮族の比率が高いのであちこちにハングル文字があります。大連と比べるとゴミも少なく落ち着いている印象。

市街からタクシーで40分くらいの郊外に万里の長城の東端である「虎山長城」があります。が、修復中のようでほぼ新品の長城。。どうも貫禄に欠ける感じでした。

この長城からは北朝鮮との国境も見れます。河を挟んで右が北朝鮮。
意外と簡単に脱北できそうですよね。

ランチのお店
店名: 平壌高麗飯店
電話: 2211555
住所: 丹東市駅前七経街八緯路白山小区1-2号
大連発丹東行き長距離バス参考サイト
http://www.dalianbus.com/bgq1.htm

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest