月別アーカイブ: 2007年1月

ノートPCお買い上げ

いろいろと出発の準備をしています。。
まずPC。Windowsはデスクトップしか持っておらずとにかくノートを買わなきゃならない。選定基準としてはノートの中でもサイズが小さいもの。例えば外出先でプレゼンなどをする時にでかいノートは実際しんどいものです。そして今後また制作などを行う可能性アリということも考慮して最低限フォトショ・イラレなどなどがサクサク動いてくれるスペック。あとはデザイン。デザインは飽きがこないということが大事。いかにごくごく普通のデザインをしているかということです。

で、購入したのがThinkpad X60。ぎりぎりVistaになる前に購入。何故かというと直前のXP段階の商品がお安いというのと、アップグレードDVDを別途2,980円で購入できるという点。OSっていきなりインストールされてるよりもDVDとして別であった方が安心できるんですよね。
今他にもいろいろ購入しているのですが、「実用性」を重視した物選びをすると何故かアメリカ製品にたどり着いてしまうんですね。例えば防寒着ならNorthFaceとか、大型のキャリーバッグだとpatagoniaとか。Thinkpadもそうですよね。
唯一、カメラだけはサイバーショットで日本製品になりそうですが。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

中国語ブログから分析

中国語ブログから製品やサービスの評判を抽出し分析
–富士通研究所が開発

ブログで書いてる事の方が実は本音がついつい出てしまうことってたまにありますよね。現実ではいろいろなしがらみの中で生きている以上、価値観には多少なりとも妥協があったりする訳で。。って僕だけですかね?
いずれにしてもこの分析ツールの開発、確かに忠実度の高い結果が抽出できそうですが。。何だか腑に落ちないですね。個人が発信した情報は自由に収集される。しかし収集されたデータは決して個人には還元されず、商品として企業の利益を生むドキュメントとなる。個人と企業が対等じゃないですよね。もちろん分析ツールの開発にはそれなりのコストをかけているのだとは思いますが。
まずもって中国のブログユーザがこの事実を知っているかどうか、ということですよね。まあ知ってたら本音のデータが収集できなくなる訳ですがね。うーむ。。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

故宮のスタバ

故宮のスタバ「中国文化踏みにじる」 撤去要求強まる
朝日新聞2007年01月20日の記事より引用

個人的な意見としては故宮の中でコーヒーが飲みたい!という気分になる人間は風情がないのでは、、と思うので中国中央テレビのアナウンサーのこのご意見に一票入れたいと思います。京都なんかはこういうのを野放しにしてて景観が崩れ始めて、今みたいになっちゃってるんでしょうね。

ちなみにこれは去年、北京に行ったときに故宮のスタバの前で記念撮影する白人を記念撮影してみたものです。
グローバリゼーション化が進んでいくからこそ、個々の国特有の文化というのは今まで以上にシビアに守らないと、飲み込まれちゃいますよね。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

必要書類完了!

結構、もろもろが忙しく、、という言い訳をしつつ、やっと必要書類が全て揃いただいま午前3時をもって、A4封筒に封をしました。
備忘録として、Zビザ取得までに用意した書類を記しておきます。

  • 各種契約書(会社によって様々)
  • 体格検査記録
  • 中華人民共和国査証申請表
  • 卒業証明書
  • 写真10枚
  • まあ無事エイズではなかったことは本当にホッとしました。中国に行く以前の問題になっちゃいますからねえ。。

    Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

    ワリカンは特殊とはいいますが

    AA制というみたいですが、中国ではあまりこの支払方法がよろしくないみたいですねえ。。今までは単に生活様式の違いとかかなあと思ってたんですが、実はそこにはルールがあるみたいです。
    誰かを食事に誘った場合 → 誘った側がおごる。
    まあ、これは日本でもたまにありますね。この時に誘われた方がお金を払おうとしたり、ワリカンで半分持つというのは失礼にあたるとか。というのも誘われたのにお金を払おうとするのは「あなたはお金の余裕がないんでしょ」的な捉えられ方をされてしまうかららしいです。
    日本でのワリカンは、全員同額という連帯感と、自分の分は自分で払うという責任的な感覚がうまくミックスされてるのかなあと思います。

    Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest