月別アーカイブ: 2008年10月

デジカメ壊れる

デジカメが壊れました。。
と言っても写らなくなった訳ではありません。
どう撮影しても変な画質になります。。
友人

景色

フォトショップでもなかなかこのテイストは難しいですね。
今まで以上にこのデジカメを大切に使おうと思います。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

日本で観る、中国現代美術

新国立近代美術館のアヴァンギャルド・チャイナを観てきました。
う~~ん、友人に中国現代美術の面白さを伝えたかったんですが、正直イマイチ。
中国現代美術の魅力よりもキュレータのエゴというか、何だか頭でっかちな印象でした。
北京の798芸術区にあるようなもっと自由な発想の作品が観たかったですね。
でも1作品、すごい面白い作品がありました。
高齢化社会を皮肉ったインスタレーション。あれは一見の価値あり。
あとは映画「胡同のひまわり」の張暁剛の作品も。
ちなみに同美術館でピカソの展示もやってました。
今さらピカソ!?なんて思ってたら結構お客さん多いんですよね。
新国立近代美術館に関しては、何だか主催側も観客もすごい時代遅れ。
北京にいる時は、煮詰まったらフラッと798芸術区へリフレッシュ。今思うとあれってすごい貴重。
だって日本じゃちょっと作品見たくてもお金払ってギスギスした雰囲気で作品を見なきゃならない。
もっと気軽にダラダラ観たいのに。
そもそも美術館とギャラリーって目的が違うので比較するのはどうかと思いますが、
単純に北京の798芸術区の方が、アートそのものを活性化する力があると思います。
アーティスト達が住み着いて工房にする傍ら、個性豊かなギャラリーがしのぎを削っていますね。
で、どこを見ても無料なので気軽に立ち寄れますし。
日本だと芸術家は操り人形みたいで、結局美術館や中間業者みたいな存在が
美味しい思いをするような気がしてなりません。
新国立近代美術館に関して言えば、作品の所蔵(買取)をしないので芸術家は全く保護されません。
総じて日本では芸術家が育ちにくい環境なんじゃないかな、、と感じました。
あと、赤坂アートフラワーも観ました。こういう企画って割と地方の活性化でやっていましたが
都内でももっと増えて欲しいですね。作品もさることながら、赤坂という町の魅力を再発見できますよ。

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest

上海料理

先日、上海料理をご馳走になりました。
中国にいる時も上海料理って食べた記憶があまりありません。。
一番美味しかったのはこの上海風黒酢酢豚!
本名は「京都ナントカ・・・」何故か料理名に京都という文字が。

店名: ROBERT’S
電話: 03-5269-0045
住所: 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-6 プラザF1
WEB : http://www.tristar-tky.co.jp/roberts/

Email this to someoneShare on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrPin on Pinterest