大連に、この一冊

大連に行くんなら読んでおいた方がいい、
ととある方にお奨め頂いた本。
フラット化する世界(上)
フラット化する世界(上)
トーマス・フリードマン
(下)はこれから大連で読みます。以前から名前は聞いたことはあったんですが、まさか中国のことも書いてあるとは思いませんでした。まだ全部読んでいませんが、簡単に言うとインターネットが普及したことで世界が同じスタート地点に立った、ということ。今までは政治や地理的な背景などで発展を阻害されてきた国でも、知識はネットでいくらでも身につけることができるわけです。真の実力主義社会が訪れるだろう、という内容。
そこで、なぜ中国が注目されているかというのはこの本を読んでみると答えが載っています。ブログに書くにはちょっと長くなっちゃうので。

Email this to someoneShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Tumblr0Pin on Pinterest0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA