2012年5月大連旅行 -01-

ゴールデンウィーク後半5月3~6日まで大連に旅行に行ってました。
北京で生活してた時に一度行って以来、4年ぶりになります。
今回も携程网でホテルの予約をしたのですが、なんと!
大連賓館(旧大和ホテル)が一泊300元でした。もともとこの値段?

当時の日本人建築家の設計で、中国でも全国重点文物保護に指定されています。

廊下。ちょっと味わい深すぎて怖いですね。


部屋はこんな感じ。

個性はありませんが、趣のある部屋です。
で、さっそく青泥窪橋へ。変わってないですね。

勝利広場も。

多分個々のお店は変わってるんでしょうけど。
地下にある麻辣湯のお店へ。

中国はいろいろ周りましたが串の種類はここを超えるお店を見たことがありません。

選んだ串を店員に渡すと、こんな感じでごった煮になって仕上がってきます。
ちなみに味は麻でも辣でもありません。これが懐かしい味の一つです。
大連にいるときには気にしていませんでしたが、、

青泥窪橋にあるこの「秋林」という建物、三越大連支店だった建物なのだそうです。
イトキンビルは、、

久光になってました。日本のヒサミツなのでしょうか?
まだまだ建物が増えていくみたいです。

次の日にしようと思っていたのですが、星海公園にも初日に一度足を運んでみました。

みんな踊っていますね。
一日目はこんな感じでした。

Email this to someoneShare on Facebook0Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Tumblr0Pin on Pinterest0

2012年5月大連旅行 -01-」への2件のフィードバック

  1. ぢょんいえー

    懐かしいなぁ
    大連賓館って300元なのか!
    まぁ建物自体は古いけど、もっと高いイメージだよね。

    返信
  2. 猪猪猪

    そうそう、300元だったよ。
    速8でも250元だからね。安いよ。
    高いものだとずっと思い込んでたよ。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA